北海道の端っこ攻める旅:7日目(釧路~霧多布~花咲~納沙布~中標津)

Bike

台風。午前9時頃に釧路を通過するという。
いつもなら7時めど、遅くとも7時半には出発するのだが、 雨と風がひどいので、台風が行き過ぎるのを待つことにする。

朝食

民宿かのう で朝食。

この値段で朝食もそれなり。助かる

出発

9時頃、台風は過ぎたようで雨も上がり日が射してきた。

出発。

風がひどい。道には粉々になった木の葉が散乱。 台風のひどさを物語る。

琵琶瀬展望台

霧多布湿原が見渡せる、、、が、すごい風

反対側には太平洋も望める、、、が、すごい風

霧多布岬

命の危険を感じた程の暴風。
常に車体を傾けて走らなければならなかった。
強いだけではなく時々突風が吹き、5m程は平気で流された。

到着して、両足を付いて停車したまでは良かったが、 風にあおられるために、 片足を上げてサイドスタンドを出すことができない。
しばらく苦しんだが、風を正面から受けるように移動して ようやくサイドスタンドを立てることができた。

湯沸岬灯台

更にその先へ

もちろんまっすぐは歩けず、四つん這いで

ここが霧多布岬の到達可能な先っちょ。なんとか到達

草がなぎ倒されているのが見えるだろうか???

ここで大きな失態をやらかした。
風に気を取られて、GPS ロガーを持っていくのを忘れたのに 後から気がついた。
霧多布のログ取れず(藁

花咲ガニ

前回来たときに、花咲ガニがたいそううまくて、、、
今日の目的地の一つがここ。というか今回北海道に来た目的の一つでもある。

大八食堂。
本来なら台風で港が閉まっているので、店も開けてないとのこと。
無理をお願いして花咲ガニをゆがいてもらった。

花咲ガニ、一尾まるごと。

うまー

うまー

完食!

納沙布岬

いろいろ細かいことはさておき、本土最東端!

灯台に向かって左側、立ち入り禁止にはなっているけど、、、

この標識の右側の通路を進むと、灯台をぐるっと回って

灯台向かって右側、この標識の裏側に出てくるというザル。
領域が閉じてません

で、先っちょはここ。

柵がしてあって、ここにはいけません。

二重の虹

宿に向かう途中の別海町あたり、ホッポーロードで海の中に 虹が現れた。それも二重。

その後一重ながら全体も現れた。
海上に虹ができると、障害物がないので半円全体が見えることに あらためて気がついた。

宿

中標津の ビジネスホテル さとう にチェックイン。

ビジネスホテル さとう

ビジネスホテル さとう

チェーンがキュルキュル言い出したので、駐車場でチェーンに給油。

部屋は普通のシングル。

大浴場もあるのがありがたかった。

本日の走行

ルート(データ量が多いので、時間がかかります)
走行距離:328.4km。
もちろん無事故、無検挙、立ちゴケなし


北海道の端っこ攻める旅:6日目(えりも~厚岸~釧路)
山下康成の
きばらないブログ

北海道の端っこ攻める旅:8日目(中標津~知床~網走)

Copyright (C) 2003-2011 Yasunari Yamashita. All Rights Reserved.
yasunari @ yamasita.jp 山下康成@京都府向日市